HOME
1月5日 NEWSを更新しました

恋人

あなたの寝顔は蜜の味
どんな夢を見ているの?
安心して眠りこけている姿が
愛しくてたまらない


何度も「好き?」とたずねるあたしに
何度でも笑ってこたえてくれる
あたしは あなたに
巡り会うために生まれてきたんだと思う


朝日が差し込んで今日もいい天気だよ
誰かを好きになるのは これが きっと 最後
だけどその想いは密かにまだ隠しておくの
あなたが眠りから覚めたら おはようのキスをしよう



あなたの笑顔は蜜の味
穏やかで優しくて深い
何も言わずに微笑んで見つめられると
吸い込まれそうになる


嫉妬とか不安とか忘れていた
あなたを好きになって思い出した
幼い子供が駄々をこねるように
あたしはあなたが欲しいの


朝日が差し込んでカーテンを壁を染める
ずっとずっと一緒だよと指きりした夜
一生忘れないように心に刻み込んだ
あなたが眠りから覚めるまで もう少し見つめていよう



空が泣き濡れても 息が白くなっても
季節を何周でもして あなたの傍にいたい
あなたのことを好きになって あなたに愛されて
まばゆく輝き出した未来 二人は永遠の恋人